在学生
の方へ

海外渡航前の手続き
(在学生)

海外渡航前の手続き

安全な留学のために

近年、日本の大学生が海外で事故や犯罪などのトラブルに巻き込まれる例が少なからず報告されています。海外渡航する際は、日本にいる時とは意識を切り替えて、「自分の身は自分で守る」という心構えを持つことが必要です。
海外渡航する場合は、まず海外渡航の危機管理マニュアル海外での安全と危機管理を読んでください。また、学生は留学の準備・手続きリストをダウンロードして、諸手続き・準備を確実に行ってください。
※外務省の危険情報が出ている国・地域に渡航を予定している場合は、必ず大学に相談してください。

所属部局への届け出(Live Noteについて)【学生向け】

海外渡航をする際は、必ず所属部局の学務係に届けてください。交換留学、ILUNO、VSCPで留学する学生は、海外渡航の1か月前までに留学届または休学届を提出しなければなりません。各種届け出の提出が不要な場合でも、学務情報システムのliveノートから海外渡航届の登録は行ってください。

海外渡航危機管理ガイダンス

国際連携推進機構が実施する留学プログラム(交換留学、ILUNO、VSCP、夏季短期留学、春季短期留学、協定校派遣プログラム等)、トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラムで海外渡航する学生は、必ず出発前に海外渡航危機管理ガイダンスに参加してください。ガイダンスは1年に1度開催します。
ガイダンスに参加できない場合は、大学教育テレビジョンでガイダンスの内容を動画配信しますので、必ず出発前にご覧ください。科目コードは国際交流課にお問合せ下さい。

OSSMAについて

静岡大学は日本エマージェンシーアシスタンス株式会社のOSSMA(Overseas Students Safety Management Assistance)に加盟しています。海外渡航する皆さんは、大学を通してOSSMAに加入し、留学期間に応じた会費を払うことで、留学期間中OSSMAのアシスタンスサービスを受けることができます。

OSSMAのアシスタンスサービス

OSSMAに加入すると以下のサービスを受けることができます。

  1. ①パーソナル支援
  2. ②海外医療アシスタンス
  3. ③安否確認
  4. ④健康・メンタルケア
  5. ⑤ご家族へのサポート
  6. ⑥弁護士紹介
  7. ⑦その他OSSMAに関する問い合わせ

サービス内容の詳細は、学内OSSMA加入手引きの3ページを参照してください。

※OSSMAは、医療支援、連絡が取れない場合や行方不明時の捜索、海外生活における身近な問題の解決支援等、留学生活を支援するサービスです。金銭的な損害を補償する海外旅行保険ではありません。OSSMAと合わせて、必ず海外旅行保険にも加入してください。

OSSMAが適用される留学プログラム

以下の留学プログラムはOSSMAが適用されます。

【OSSMA加入が必須なもの】
  • 国際連携推進機構が実施する留学プログラム
    (交換留学、ILUNO、VSCP、夏季短期留学、春季短期留学、協定校派遣プログラム等)
  • トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム
【OSSMA加入を強く推奨するもの】
  • 各部局・研究室が実施するプログラム
【OSSMA加入を推奨するもの】
  • ①②以外の、私費の留学、語学研修、インターンシップ、ワーキングホリデー等

※条件によってはOSSMAが適用されない場合があります。
※教職員も登録できます。

OSSMAの登録方法

海外渡航の2週間前までにOSSMAの登録手続きを済ませてください。それ以降になると、出発日までにOSSMAの登録が完了せず、アシスタンスサービスを受けられるのが海外渡航後になる可能性があります。

  1. OSSMA会員登録サイトにログインして会員IDを取得し、会費を支払う
    ログインコードはshizudaiです。パスワードは国際交流課に問い合わせてください。
  2. ②OSSMAカードを受け取る
    国際交流課からOSSMA登録完了の連絡を受けたら、国際交流課または浜松学生支援課留学生係にOSSMAカードを受け取りに来てください。
  3. OSSMAロケーターシステムにログインし、基本情報とItinerary(旅程)を入力する
    USER IDはOSSMAカードの番号、パスワードは学籍番号です。
    ログインしたら、始めに会員登録画面の基本情報を入力してください。
    次に、Itinerary(旅程)に、日本から留学先への旅程と滞在先の情報と留学先からの帰国旅程を登録してください。登録した内容はあとから変更することができます。変更が生じた場合は、留学中も随時更新してください。

※OSSMA登録後のキャンセルには手数料1,080円と振込手数料がかかります。

海外旅行保険について【学生向け】

留学中に起こりうる病気や怪我、他人への賠償などに備えて、出発日から帰国日までの全期間をカバーする保険に必ず加入してください。
留学先の大学によっては、大学指定の保険の加入が義務付けられているところがあります。その場合は指定の保険に併せて海外旅行保険に加入してください。

国際連携推進機構では学研災付帯海外留学保険(付帯海学)を推奨しています。付帯海学は、皆さんが加入している学生教育研究災害傷害保険の補償内容を活かした合理的で、重要性の高い治療・救援費用部分と賠償責任部分の補償が充実したプランです。

付帯海学の加入希望の学生は、学研災付帯海外旅行保険申込書に必要事項を入力し、国際交流課にメールで提出してください。
国際交流課から保険の手続き完了の連絡を受けたら、国際交流課または浜松学生支援課留学生係に書類を受け取りに来てください。海外旅行保険証と一緒に、保険料の払込票もお渡ししますので、必ず出発前に郵便局で振り込みをしてください。

2019年6月から、留学期間が31日間を超える場合は、基本のプランに歯科治療補償をつけられるようになりました。(基本のプランと歯科治療補償付きのプランとでは保険料が異なります。)パンフレットの内容をよく確認して、選択してください。

学研災付帯海外留学保険パンフレット
学研災付帯海外留学保険パンフレット(歯科治療補償付き)

※学研災付帯海外留学保険(付帯海学)は教職員は加入できません。

各種問い合わせ先

国際交流課 054-238-4457 outbound@adb.shizuoka.ac.jp

ページの先頭へ