在学生
の方へ

学内での国際交流・
国際教育

チューター

チューター制度は、静岡大学で学ぶ外国人留学生に対して本学が選んだ学生を「チューター」として個別に配属し、留学生の生活・教育・研究の向上を図ることを目的とした制度です。

チューターは、原則として留学生の指導教員の推薦により、留学生の専攻する分野に関連のある学生の中から選ばれ、留学生の日常生活の手助け、日本語学習のサポート、学習・研究のサポートをします。
留学生によっては、進学前に日本語学校に通っていたり、再度の留学であったり、日本の生活に慣れていたりして、長期の支援が必要ないこともあります。一方で、支援期間以降も母国との修学内容や教育制度の違いから、チューターによる課外指導(研究、実験のサポート等)が必要な場合も考えられるので、留学生の指導教員や学務係(浜松は留学生係)と相談しながら留学生個々の状況に応じて弾力的に活動してください。

ページの先頭へ